【副作用】実はほとんど害のない緑茶のカフェイン

【副作用】実はほとんど害のない緑茶のカフェイン
【7割】も茶殻に残ってしまう成分も丸ごと摂取できる緑茶はこれ!
15日間の返金保証があるからまずはお試しから。
▼詳細は画像をクリック!公式サイトへ▼


【副作用】実はほとんど害のない緑茶のカフェイン

緑茶は薬以上に素晴らしい点があります。

 

それは、薬と違っていくら飲んでも体の害にはならないということです。

 

自分の好きな量を好きなだけ、好きな時間に飲んだところで、副作用はなく、全く問題はありません。

 

いわば水と同じで非常に安全で、さらに万能な効果を期待できる飲み物なのです。

 

 

 

緑茶を摂りすぎても安全とされている3つの理由

体内に溜まらない

茶カテキンやビタミンCなどの水溶性の成分は、摂り過ぎたとしても尿とともに体外へ排出され、体内にたまって害になるということはありません。

 

 

 

害になるほど高濃度ではない

脂溶性のカロチンやビタミンEについては、摂り過ぎると体内にたまって害になるのではないかと心配される人もいるかもしれません。

 

この成分についても「緑茶」という飲み物として摂り入れている限り、体に害になるほど摂り過ぎるという心配はありません。

 

 

 

カフェインがとてもマイルド

緑茶の摂取で多くの人が気になることといえば「カフェイン」でしょう。

 

カフェインには即効性の覚醒作用、強心作用、などがあり、かなり強い生理的刺激があり、摂り過ぎはかえって体によくないと言われています。

 

しかし、緑茶に含まれるカフェインは、純粋なカフェインとは作用が違い、とてもマイルドなものとなっています。

 

 

その秘密は、茶カテキンにあります。

 

茶カテキンは緑茶の溶液中でカフェインと緩やかに結合し、その刺激性を和らげる作用もしています。

 

このことから、カフェインといっても緑茶の場合、コーヒーと比較しても刺激の度合いが少ないのです。

 

 

純粋なカフェインを使用する場合、1度の摂取限度は500mgまでとされています。

 

1杯の緑茶(約140ml)に含まれるカフェインは、およそ40〜50mgです。

 

同量のコーヒーの場合、その倍以上も含まれており、さらに茶カテキンは含まれていないため、ダイレクトに胃に吸収されます。

 

このことからも、緑茶は非常にマイルドで、多量に飲んだとしても安心できる飲み物だということがわかります。

 

 

緑茶は昔、薬として考えられていました。

 

この自然の中でつくられた体に良い「薬」である緑茶を飲まないというのは実にもったいない話なのです。

 

 

以上、【副作用】実はほとんど害のない緑茶のカフェインについてご紹介しました。

 

他にも「【子供・妊婦さんも安心】有機・無農薬栽培の緑茶」を掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

⇒【わずか0.023gと低カフェイン】無農薬・有機栽培で安心・安全!濃くて甘い粉末緑茶


関連ページ

有機・無農薬栽培の緑茶
子供・妊婦さんも安心して飲める、有機・無農薬栽培の緑茶について掲載しています。
有機肥料の緑茶
味・栄養も満点の、有機肥料でつくられた緑茶について掲載しています。
粉末緑茶と茶葉のメリット・デメリット
粉末緑茶と茶葉のメリット・デメリットについて掲載しています。
インフルエンザ予防
テレビでも特集された、緑茶のインフルエンザ予防効果について掲載しています。
幼児の風邪予防
幼児でも安心な緑茶の風邪予防効果について掲載しています。
インフルエンザの発症を抑える
46%も小学生のインフルエンザを抑える緑茶の効果について掲載しています。