【46%減】小学生のインフルエンザを抑える緑茶の効果

【46%減】インフルエンザの発症を抑える緑茶の効果

【46%減】インフルエンザの発症を抑える緑茶の効果

お子様がいる方は、風邪の予防に緑茶が効果的だということをご存知の方も多いでしょう。

 

緑茶には、抗ウイルス作用、殺菌作用があるので風邪の予防はもちろん、風邪を治す力もあるとされています。

 

また、インフルエンザの予防にも効果があると報告されているのです。

 

実際にインフルエンザの発症について「1日に1杯未満もしくは飲まない子供」に比べて「緑茶を飲む習慣のある子供」は高い確率で発症を抑えることができるようです。

 

 

 

  • 1日1〜2杯飲む子供=38%
  • 3〜5杯飲む子供=46%

 

 

 

以上のような割合で、インフルエンザの発症を抑えることができるという結果が報告されています。

 

虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖を抑えることもできるので虫歯予防にも効果があるのです。

 

 

小学生の健康に効果的な緑茶の摂取量

上記のように、小学生にとっては緑茶が非常に良いということがわかります。

 

しかし、緑茶にはカフェインが含まれているので飲み過ぎには注意が必要です。

 

成人では、1回に200〜300mgで1日に2〜3回が適正量だとされているので、それ以上の摂取はさせないように気を付けましょう。

 

 

 

小学生も喜ぶ緑茶の摂取方法

うちの子は緑茶が苦手だから飲ませてあげられない、という方も多いのではありませんか。

 

確かに、緑茶には苦味や渋みがありますから苦手なお子様もいるでしょう。

 

その場合は、水出しや氷出しにするだけでも渋みが消えますし、サイダーで割ってあげたり、オレンジとはちみつで割ってあげると飲みやすくなります。

 

もしくは、粉末にしてお菓子を作る時に混ぜてあげると美味しく食べてくれます。

 

うがいに使わせるだけでも風邪の予防には効果がありますから、是非試してあげてください。


関連ページ

ほとんど害のない緑茶のカフェイン
緑茶の副作用とされているカフェインについて掲載しています。
有機・無農薬栽培の緑茶
子供・妊婦さんも安心して飲める、有機・無農薬栽培の緑茶について掲載しています。
有機肥料の緑茶
味・栄養も満点の、有機肥料でつくられた緑茶について掲載しています。
粉末緑茶と茶葉のメリット・デメリット
粉末緑茶と茶葉のメリット・デメリットについて掲載しています。
インフルエンザ予防
テレビでも特集された、緑茶のインフルエンザ予防効果について掲載しています。
幼児の風邪予防
幼児でも安心な緑茶の風邪予防効果について掲載しています。
減食にストレスがたまってダイエットできない
脂肪燃焼にぴったりな注目のラクトフェリン
世界中の女優さんやモデルさん
ダイエット期間中の原則
酵素ダイエット