【栄養を比較】有機栽培の緑茶と一般的な緑茶

【栄養・味】粉末緑茶と茶葉のメリット・デメリット

【栄養・味】茶葉と粉末緑茶のメリット・デメリット

茶葉

緑茶の茶葉のメリットは、風味豊かなお茶を堪能できるという点です。

 

日本茶が好きな人は、お茶屋さんの店頭から漂う香りに立ち止まることもあるものですが、これは茶葉を急須に入れて適温で蒸らしているからこそ出てくる香りなのです。

 

緑茶にはテアニンというリラクゼーション効果の高い成分が含まれていますが、香りとダブルでお茶を堪能したい場合には、茶葉から入れた方が良いと言えるでしょう。

 

 

利点の多いお茶の葉ですが、出がらしの処理が面倒で、いつでもどこでも飲めるわけではないというデメリットも。

 

この他に出がらしに栄養素の7割が含まれていますので、茶葉で緑茶を楽しんでいると、カテキンやテアニンの摂取がしにくいという難点もあるのです。

 

 

 

粉末緑茶

粉末緑茶は茶葉を粉状にして「まるごと飲む」ということが可能ですので、緑茶の栄養素を効率的に摂取したい人には適しているスタイルです。

 

最近では持ち運びに便利なスティックタイプも販売されていますので、会社や出張先でも飲める点も、茶葉とは異なる飲用方法として認められるようになりました。

 

 

ある程度の時間的な余裕があり、お茶の香りを含めてゆっくり楽しみたい人には、お茶の葉をお勧めします。

 

これに対して、毎日多忙な日々を過ごしていたり、短時間で効率良く栄養を摂取したい人には、粉末タイプが良いでしょう。

 

自分のライフスタイルや用途に合わせてお茶の種類を選べば、カテキンやテアニンによる好循環を実感できるとされています。

 

 

 

以上、【栄養・味】茶葉と粉末緑茶のメリット・デメリットについてご紹介しました。

 

【テレビでも特集】緑茶のインフルエンザ予防効果」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

 

 

 

【無農薬・有機栽培】茶がらに残る栄養も丸ごと摂れる濃くて甘い粉末緑茶


濃くて甘い美味しい緑茶を飲みたい、妊娠中でも安心・安全な緑茶を飲みたいという方は、さくらの森のお茶「白井田七茶」という粉末緑茶がオススメです。


白井田七茶は、有機JAS認証の緑茶・田七人参が使用されていて、無農薬・有機栽培で作られた茶葉の栄養を丸ごと摂取できる、粉末タイプの緑茶です。


数十社のTV・新聞・雑誌にも取り上げられ、食をテーマとした人気漫画「美味しんぼ」にも掲載されています。


低カフェイン製法なので、小さいお子様や妊婦さんでも安心して飲めますよ♪


暑い夏にはキンキンのアイスで、寒い冬にはアツアツのホットで作れ、年中おいしく飲めますよ♪


実際に飲んで、効果を試してみた口コミ体験談も掲載ているので、ご興味のある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!


⇒【口コミ・レビュー】白井田七茶の効果を実体験!


関連ページ

ほとんど害のない緑茶のカフェイン
緑茶の副作用とされているカフェインについて掲載しています。
有機・無農薬栽培の緑茶
子供・妊婦さんも安心して飲める、有機・無農薬栽培の緑茶について掲載しています。
有機肥料の緑茶
味・栄養も満点の、有機肥料でつくられた緑茶について掲載しています。
インフルエンザ予防
テレビでも特集された、緑茶のインフルエンザ予防効果について掲載しています。
幼児の風邪予防
幼児でも安心な緑茶の風邪予防効果について掲載しています。
インフルエンザの発症を抑える
46%も小学生のインフルエンザを抑える緑茶の効果について掲載しています。