お茶 有機肥料

有機肥料でつくられたお茶は栄養価が高い

有機肥料でつくられたお茶と一般的なお茶の違い

有機肥料とは化学肥料と相反する言葉で、植物性や動物性の有機物質のうち、肥料として適したリン、カリウム、窒素などを原料として作った肥料の呼称です。
有機肥料には公的規格が設けられており、米ぬか、糞尿、下水汚泥などを使っている肥料は、このジャンルに属せない規定となっています。

 

美味しさや安全性

有機肥料で作られたお茶は、家畜飼料との競合や供給量が少ない実情があるため、化学肥料の商品よりも若干価格が高いイメージがあります。
しかし、生産性重視で作られた化学肥料の農作物とは安全性やおいしさも比較にならない「農業の本質」が実感できるので、近年では食の安全を重視する人達が有機肥料の存在に注目するようになりました。

 

健康な大人であれば、化学物質を使ったお茶でも体内で吸収や分解が行われるため、直接的に健康への害が起こることはめったにありません。
しかし高齢者や子供、妊婦、授乳中の女性などは、化学物質の影響を受けやすい体であるため、有機化合物や無機原料が含まれるお茶はなるべく避けた方が良いとされているのです。

 

高い栄養価

上質な肥料で作った緑茶は、自然の恵みによってすくすくと成長していきますので、ナチュラルな旨みや高い栄養価も実感できるとされています。
緑茶の成分であるカテキンやテアニンを毎日の生活の中で摂取するのであれば、安心できる肥料で作られた栄養価の高いお茶をお勧めします。

 

有機栽培を行っている商品はパッケージにマークの記載がありますので、ぜひチェックしてから購入してみてください。

 

⇒漫画「美味しんぼ」で掲載された茶葉使用の希少な緑茶って!?


関連ページ

実はマイルド!副作用が気になる緑茶のカフェイン
緑茶の副作用について掲載しています。
有機栽培・無農薬栽培緑茶と一般的な緑茶の違い
安心、安全な有機・無農薬(オーガニック)栽培の緑茶について掲載しています。
緑茶の栄養を摂るなら茶葉と粉末どっちが良い?
緑茶粉末と茶葉の栄養について掲載しています。
緑茶で予防できる幼児に多い病気
緑茶で予防できる幼児に多い病気について掲載しています。
小学生のインフルエンザ発症を46%も抑える緑茶
小学生に適切な緑茶の摂取量について掲載しています。
薬を使わずインフルエンザ予防ができる飲み物
インフルエンザ予防ができる飲み物について掲載しています。