有機栽培 無農薬栽培 緑茶

有機栽培・無農薬栽培緑茶と一般的な緑茶の違い

有機栽培・無農薬栽培緑茶と一般的な緑茶の違い

有機栽培とオーガニックは同じ意味で、有機栽培・無農薬栽培とは、化学肥料や農薬に頼らず、水、土、太陽、生物などの自然のサイクルを生かして、農作物を生産する方法のことです。
この製法は一般の農業よりも遥かに難しいため、安全な食材を提供したいと考える農家の皆さんの努力によって行われています。

 

安全性

スーパーやコンビニエンスストアなどで販売されている一般の緑茶は、どんな薬や肥料を使っているのかわかりません。
パッケージに「高品質・上質」と書かれていても、有機栽培・無農薬栽培でない限り、緑茶を購入する側としても不安が付きまとうものです。
これに対してオーガニックや無農薬栽培のお茶は、JAS、JONA、ICEAなどの認定を受けていますので、そのマークなどを見て安心して購入できるメリットがあります。

 

有機栽培・無農薬栽培の緑茶は、体に害となる化学肥料や強い薬などが使われていないので、子供や高齢者、病人、妊婦の皆さんでも安心して飲めます。

 

オーガニックならではのおいしさ

自然の恵みだけですくすくと成長した茶葉は、オーガニックならではのおいしさもあるので、味や食に対するこだわりのある人にも適した種類と言えるでしょう。

 

多少高額なイメージのあるオーガニックですが、農家の皆さんの苦労と生産量の少なさを知れば、納得できる金額だと思います。
安心安全、自然の風味が実感できる有機栽培・無農薬栽培の緑茶は、健康のためにカテキンやテアニンを効率よく摂取したい方の間で話題になっている人気商品です。

 

⇒漫画「美味しんぼ」で掲載された茶葉使用の希少な緑茶って!?


関連ページ

実はマイルド!副作用が気になる緑茶のカフェイン
緑茶の副作用について掲載しています。
有機肥料でつくられたお茶は栄養価が高い
有機肥料でつくられたお茶について掲載しています。
緑茶の栄養を摂るなら茶葉と粉末どっちが良い?
緑茶粉末と茶葉の栄養について掲載しています。
緑茶で予防できる幼児に多い病気
緑茶で予防できる幼児に多い病気について掲載しています。
小学生のインフルエンザ発症を46%も抑える緑茶
小学生に適切な緑茶の摂取量について掲載しています。
薬を使わずインフルエンザ予防ができる飲み物
インフルエンザ予防ができる飲み物について掲載しています。