緑茶 糖尿病

発症率33%減!緑茶の糖尿病予防・改善効果

発症率33%減!緑茶の糖尿病予防・改善効果

緑茶には血糖値を低下させる効果があり、糖尿病の人に適した飲料として知られるようになりました。
天然のポリフェノールやカテキンが豊富に含まれるという意味でも、体重増加に繋がりがちな糖尿病の人達の救世主的な存在といっても過言ではないでしょう。
近年では血糖値を抑える働きのあるお茶も販売されるようになりましたので、ランチタイムのお供に飲んでみるのも良いでしょう。
毎日適度にお茶を飲む習慣が身に付けば、次第に血糖値の上昇も抑えられ、体重や血圧なども安定する体になっていきます。

 

運動を加えるとさらに効果的!

症状改善に活かすなら、緑茶の摂取ともに運動を行うとさらに効果的です。
緑茶に含まれるカフェインには体内のエネルギーを消費する効能もあるので、基礎代謝が低く体重が増えがちな糖尿病患者の皆さんでも適性体重に向けてダイエットする際のサポート飲料としての役割も果たしてくれるのです。

 

茶カテキンが血糖値の上昇を抑える

茶カテキンが血糖値の上昇を抑える効果がある理由には、尿に含まれる「糖」に関係があります。
糖尿病で言う「糖」とは、デンプンなどの糖が分解されてつくられるブドウ糖のことです。
ブドウ糖は生命活動のエネルギー源なので、血液中には常に一定量の糖が必要です。
糖尿病はこの血液中のブドウ糖の量が異常に増加してしまう現象をさすことから、治療法として「ブドウ糖の量を減らす」という手段が必要になるわけです。

 

ブドウ糖の量を減らす手段の一つとして効果的なことは「デンプンをブドウ糖に分解する酵素の作用を抑える」方法です。
人間の唾液に含まれるアミラーゼは、デンプンを分解し、ブドウ糖をつくる働きがありますが、茶カテキンはこのアミラーゼの作用を抑える性質をもっているのです。
アミラーゼとデンプンの溶液にカテキン類を加えると、ブドウ糖の量がはっきりと減ることが実験でも確認されています。
また、血液中のブドウ糖を体組織に摂りこむインシュリンの働きが弱まることも糖尿病の原因ですが、緑茶を飲むことにより、弱くなったインシュリンに見合うよう、血液に供給する糖の量を調節できるのです。

 

このように緑茶は生活習慣病の中でも厄介な糖尿病に対しても効果を期待できるのです。

 

糖尿病に対して効果を期待できる緑茶1日の摂取量

1日7杯以上の緑茶を飲むと糖尿病の予防となり、血糖値を上昇させる働きを抑制する効果があると言われています。
さらにすでに血糖値が高い人を対象に研究もおこなわれており、緑茶を1日6杯以上飲む人では、ほとんど飲まない人(週1杯以下)と比べ、糖尿病の発症率が33%少なかったことがわかっています。

 

万一、糖尿病の予備軍や、仮に発症してしまった場合でも、毎日の生活習慣の改善に緑茶の摂取を加えることは、血糖値のコントロールに役立つのです。
病院での検査や治療も大切ですが、緑茶を多く飲む習慣を摂り入れることは自分でできる療法の一つとなります。
緑茶の風味や味を楽しめるうえ、食事コントロールにも非常に役立ちます。

 

⇒漫画「美味しんぼ」で掲載された茶葉使用の希少な緑茶って!?


関連ページ

α波でリラックス!緑茶のテアニン成分で更年期対策
緑茶のリラックス、更年期対策効果について掲載しています。
飲む美容液!美肌をつくる緑茶の効果
緑茶の効果についてご紹介しています。
万能な消臭効果!食後の緑茶1杯で口臭対策
緑茶の口臭対策効果について掲載しています。